WordPress保守作業の報告に役立つ更新ログプラグインを作りました

カテゴリー WordPressのこと

フリーランスのWeb屋として、普段WordPressに関わることが多いのですが、保守案件が増え定期的な更新作業の記録とクライアントへの報告業務が大変だなーと思ったのでWordPress本体/テーマ/プラグインの変更・更新履歴を一覧&出力できるプラグインを作りました。


MJ Update History

MJ Update History

特徴

  • 保守作業系のログに特化
    • WordPress本体/テーマ/プラグインの更新
    • テーマの切り替え
    • プラグインの有効化/無効化切り替え
  • ログ系プラグインによくあるコンテンツ更新系ログが混ざらない(ログイン履歴や記事の更新など)
  • 更新前と更新後の両方のバージョンが表示される
  • クライアントや非エンジニアが直接見ても理解可能なシンプルな画面
  • ワンクリックで作業履歴をコピー/ダウンロード(CSV)可能で作業報告書の提出に便利
    (急に先々月の更新作業内容を提出してほしいと言われた時なども即時対応可能)

主な用途と使い方

要は保守契約をいただいているクライアントへの毎月の更新作業の報告を提出する際に、「いつ何をバージョン◯◯から◯◯へあげました。」みたいな一覧がすぐに出せます。
こんな感じです。

MJ Update History画面

作業報告時に、作業月などで絞り込んだ後「コピー用テキストを出力」ボタンをクリックし、表示されたテキストをメールなどにコピペしてそのまま送信しています。

その他のWordPressログ系プラグイン

Logbook

Simple History

正直、自分用のログ機能でいうとLogbookの方が圧倒的高機能だったりするのですが、あくまでクライアントへの報告と他のWordPressに詳しくない方がチェックできる用のプラグインとして(僕にだけ)需要があったので制作しました。
(あとMJ Update Historyは、プラグインなどの更新時のログに更新前のバージョンが合わせて表示されるところも結構便利です。)

本番環境にLogbook、テスト環境にMJ UPDATE HISTORYをインストールするなど、ケースによって使い分けたり共存したりしています。

今後の更新予定としては、

  • エクスポート機能の充実(json形式etc)
  • ログデータのメール送信機能

などを検討しています。

MJ Update History

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です